【FIFA21】ウィークエンドリーグ結果・反省&パック開封~今回もウォークアウト引きました~

【FIFA21】ウィークエンドリーグ結果・反省&パック開封~今回もウォークアウト引きました~

みなさんこんにちは、やまこです。

少々忙しかったため更新が遅れてしまいましたが、今回はウィーケンの戦績報告・反省会と、パック開封の結果をご紹介したいと思います。

意外な所から大物を釣り上げたので、最後までお見逃しなく!

ウィークエンドリーグ結果

では早速ウィーケンの結果報告をしたいと思います。

初日: 5勝7敗

2日目: 5勝5敗

3日目: 4勝2敗

合計 28戦14勝 になりましたので

ウィーケン結果

見事目標達成!ゴールド3に入りました👏👏

まあ、そんなに誇れる成績でもないですけど・・・

スカッド

このスカッドで戦ってきて、対戦相手の9割が圧倒的に格上スカッド(コイン相場的に)だったので健闘した方じゃないかと思います😄

ただ手応え的にまだまだ上を目指せると思ったのが、

PKが弱すぎる(PK戦:1勝3敗、その他PKもらっても外しまくるし入れられまくる)

内容・スタッツ的に上まわっても結果が出ない

というのが主な要因。

もちろん、普通に上手い人にボコられることもありましたが、上記要因含めて、反省・振り返ってみようと思います。

一応、みなさんの立ち回りの参考になればと思い、書いていきます。

反省と収穫:攻撃面

私の場合はカウンター時の数的同数、数的有利の時の決定機の作り方が絶望的にダメスギルのが最大の弱点と思ってます。

つまり「個」の力でゴリゴリ行くのが苦手な所ですね。

普段からスキルムーブを多用する人はそういうのは恐らく得意とする所ですが、私は基本的に周りを使うことを第一にしているため(と言うか苦手なんですよねスキルムーブ)1対1の抜く、というスキル・引き出しがなさ過ぎるのが課題。

そういう時は対戦相手も裏ケアをするので、中々いいスルーパスを出せずに止められる、というパターンになってしまいます。

反対にブロックを作られている時多人数対多人数のせめぎ合いになるので、シレっとトリガーランで走らせても気づかれず裏を取れたり、もし気付かれてもそれをデコイに使ってスペースメイクできてチャンスに持ち込めたりするので、まだ引かれている方が崩しは得意な気がします。(カウンターで取れないならそこで取るしかないんだが・・)

その中で攻撃面で有効的に感じたのは、スキルムーブを使用した崩しが苦手な初心者・中級者達に特にオススメなのが、

アジャイルドリブル

今作から導入されたテクニックですが、分かりやすく言うと足元のボールコントロールテクニックになります。

アジャイルドリブルの操作の仕方

デフォルト設定ならば、ボール保持中に「R1」とボールを置きたい方向に「右スティック」を倒せばカンタンに発動。

例えば画面上、右側から敵ディフェンダーが来てるのでボールを背後(画面上左側)に隠したい、と思えば、「R1」+「右スティックを左に倒す」と瞬時に左方向にボールを移動させる形になります。

私の使い方としてはボールをある方向に置きたい・隠したい時や、足元でコネコネ(R1+右スティック左右or上下にひたすら反復)できるので緩急を使ってドリブルで抜く、というのが鉄板パターン。

アジャイルドリブルのon・offを巧みに使えば素早い反転急加速を利用して突破するなどの動きも可能ですので、練習する価値はあると思います。

後述するベルナルドシウバやネイマールみたいな加速・敏捷性・ドリブルテクニックが長けた選手が非常に有効的なテクニックだと思います。

私はドラッグバックを使用しないという縛りをしていますが、これで充分代用できる気はします。

簡単な操作で直感的に操れるので、複雑な操作が苦手な人はぜひ一度試して欲しいテクニックです!

私の場合は右SHのベルナルドシウバが特にやりやすく、アジャイルドリブルでコネコネして目を引いてる隙に、トリガーランで右SBのペレイラを裏にシレっと抜けさせて背後のスペースを突く、というやり方でけっこうやりたい放題でした。

そしてサイド深く侵入できたら、割と色々な所で強いと言われている、ドリブンクロス決定機を作る、というのが右からの攻撃のパターンです。

ただこれは素早くボールを動かすので相手があまり釣られない事もありますが、ドラッグバックみたいな分かりやすい速さの動きの方が、フェイントとしては釣られやすく有効的だと思うので、決してスキルムーブが不要だという訳ではないです。

設定
※設定で「コンテクスチュアルアジャイルドリブル」を「オン」にした方が何となくキレがいいような気はします。この設定がどういう効果を発するのかはよく分かりません(笑)

反省と収穫:守備面

被カウンターの数的不利・同数の時、中央をスルーパスでブチ抜かれる、それさえ防げれば何とかなるんですけど、思わぬ取られ方(パスが意図と違う方へ行くなど)をされることが少々あるのでその対策ができれば、ということですね。

サイドを裏抜けされた場合は中央に入っていく「時間」がわずかにかかるため、足が速いSBを置けば遅らせる等、何とかギリギリ対処することもありますが、中央はムバッペやオーバメヤンなどの快速ラインブレーカーに裏取られると100%キーパーとの1対1になるので、もうどうしようもない。

ラインを低く設定しても、結局はポゼッション戦術なのである程度押し上がってしまうのでそんなに意味はない気がするので・・

ブロックを敷いたリトリートディフェンスは得意な所なのですが、相手の攻撃を遅らせる間もなく裏取られるのをどう対処するかが大きな課題となりました。

現状で分かっているのは右SBを攻撃参加させるために右CDMを「サイドをカバーする」に設定してる事で中央が空いてしまうことがある、

という事なのですが、右SBの攻撃参加は右からの崩しをするのに必須(SBを使った攻撃が大好き)なのでそこは変更したくない私のわがままを、どうプレイスキルで対処できるか、という所が課題になってます。

一方、ディフェンスがうまく通用した面もありましたが、そのやり方を書いていたらかなり長編になってしまい収集がつかなくなったので、また機会があれば記事にします。

簡潔に言うと、ボランチ(CDM・CM)はフラフラするのでカーソルを早めに当てて、プレスバックさせるのを意識させ、CBはなるべく動かさない、ということです。

私の定番の失点パターンはボランチに中々カーソルが行かず、最終ラインだけで守備するハメになり、仕方なくCBを動かしてスペース空けて失点、というのが圧倒的に多いので、ボランチにカーソルを当てる練習を含め、精度を上げていきたい所です。

MVP選手

ベルナルドシウバ(ケミストリスタイル:火付け役)

右サイドでビルドアップするに当たってのキーマン。

右SHベルナルドシウバ、右SBリカルドペレイラ、STフィルミーノの連携でチャンスメイクをするのが主な崩し方なのですが、

ドリブル・パス・アジリティが高いベルナルドシウバアジャイルドリブルを使ってのキープからのスルーパス、緩急をつけたドリブル突破が非常に有効的で、クロス精度がカンストしてるのでドリブンクロスが非常に効果的でアシストも量産できます。

そして、ポルトガル国籍・プレミア所属なので、SBのペレイラや人気のセメドとも同国籍・リーグなのでケミ的にも繋げやすいのも高ポイント。

とにかく動作が軽くパスも正確なので、ポゼッションしたい人には少々高いですがオススメの選手です。

そして意外と頑張ったのが・・左SBのギュンター

ベーシックなら1000コイン未満(影付きで2500くらいで買えました)で買えるお手頃価格ですが、ペースが93まで上がるのでスピード負けもほぼせず、高身長・フィジカル・守備能力もSBとしたら悪くないので、守備専SBならいわゆるコスパ選手になると思います。

OVRが78なのと、多分あまり有名ではないのでこちらサイドのスピード勝負で攻める人も多かったですが、数々のアタッカーを返り討ちにできたので取って良かったと思えた選手でした。

イマイチだった選手

ベルフワイン(ケミストリスタイル:ハンター)

ペースがほぼカンスト近く、フィジカル、ボディバランスも高めでシュート精度も90近くになるんですけど、何か重いし使いづらい(右偏重の組立が原因とも考えられるが)。

アジリティが低いせいかスピードも数値程の速さが感じられず、チームで唯一のスピードスターもカウンター時に活躍できず、点は取れてはいましたが何か消化不良でそろそろ補強をすべきかなとは思いました。

本当はラッシュフォードが欲しかったんですけど、みなさんお分かりのように高すぎるんで手が出ない・・・

無双されたこと

逆にこれはやられた、というのが高さを活かしたヘディングですね。

今作はヘディングが強化されたので、コーナーキック時にファンダイクなどの空中戦が強い選手に何度か点を決められましたが、

LF・RFにそういった選手を置いて、ファーにクロスを上げてCBではなく空中戦に弱い選手が比較的多いSBにマークさせて決めるというパターンでやられました。

3バックならその辺は対処できそうですが、高さがある選手(今ならTOTWでイブラが来てるので面白そう)で意図的に高めのクロスを上げるのも、基本的にその辺はノーマークの人が多いのでアリだなと思いました。

以上、長くなりましたが反省点を改善して次回以降のウィーケンでより良い成績を出せるようにしたいですね。

パック開封の結果もあるのでもうちょっと続きます・・

思わぬところからアノ選手が・・

緊急補強したロチェルソ(点もそれなりに取り満足はしました)と先に上げたベルフワインの所を何とかしたいと思って選手を探すもどれも候補は高すぎる・・

そんな時に目標達成でレアゴールド選手2名パック(トレ不可)をもらったので引いてみたら・・・

目標

まさかのウォークアウトからの

・・・・ベルギー!!

やりました!アザール!!

物欲センサーが珍しく反応した待望の左サイドアタッカー

そしてもう一人が・・・

レア選手パック

TAKE KUBO

(所属元は)レアルの両サイドアタッカーが同時に出るのも何かの縁なんですかね。

どっちみちトレ不可なので売れない為、TAKEもベンチに入れてSHINJI KAGAWAと共にスーパーサブで起用したいです。

今回はこんな所ですかね。

次回は待望の初ウィーケン報酬結果と、アザールを組み込んだスカッド(次回ウィーケン用)の紹介あたりになるでしょう。

一応、これを書いてる時点で報酬は既に引いたのですが、、

過去一番の大物を・・・!

詳しくは次回、お楽しみに♪