【FIFA21】第9回ウィーケン結果・スカッド・戦術~過去最高の○○アプデに苦戦~

【FIFA21】第9回ウィーケン結果・スカッド・戦術~過去最高の○○アプデに苦戦~

みなさんこんにちは、やまこです。

今回は第9回ウィーケンの最終結果とそのスカッド紹介、先日アップデートされた内容の感想などを書いていこうかと思います。

前回ウィーケンで初のゴールド2到達になりましたが、今回はマグレではない所を証明したいですね。

では、早速結果の方から。

ウィーケン結果

前回最後に初戦は10戦7勝と報告しましたが、ここから順調に勝ち星を重ねていくとゴールド1も見えてきますが・・・

結果の方は、

初日: 7勝3敗

2日目: 5勝5敗

3日目: 5勝3敗

合計: 17勝11敗で・・・

結果

今回もゴールド2

戦績としましては徐々に上の方で安定してきましたが、正直今回はもっと上へいけたような気がするんですよね・・

ここ最近で一番、対戦相手のスカッド・実力ともに楽だったと言えるので、もったいないとしか言えないです😓

恐怖のネイバぺスカッドがあまりなく、バラエティに富んだスカッドと対戦できたのはよかったのですが、今回は全てアプデに持っていかれたような気がしてならないですね。

アプデ

前回この件について少し触れましたが、ドリブンクロスは確かにスピードは落ちたと思います。

しかしそれはクロス精度に大きく依存するので、精度が高い選手はこれまで通り実用できると感じられました。

具体的にはクロス精度75以下は大きく影響を受けるらしく、それ以上になると徐々にスピードが増していく感じらしいです。

それでも結局は受け手のポジションをよく見てドリブンクロスをすると、いいポジションに入ってくる選手はこれまで通りボレーで決めてくれていました。

ドリブンクロス弱体化はまあいいんですよ。

問題はアプデ内容に書かれていない事、明らかにパスの精度と対象がズレることが多発しました。

アプデ後にそういう印象を多少持ちつつまだ我慢できる・気のせいかなという範囲だったんですが、ウィーケン2日目は全く話にならないくらいのパスずれが連発。

プレゼントパスしまくりで点を献上することが多発して勝ち星を落とすことが多すぎたのが痛かったですね。

これはツイッターなど見ていてもあまり話題になってないですが、アプデ後(ウィーケンだけではなくDRでも)確実にパスずれが増えたような感覚はあったので、この状態で試合をしていくのはパスメインで崩す私にとって死活問題過ぎるんですけども・・・

我がチームでは特にパス系カンストのセスクが全然理不尽パスが通らないし、普通にパスミスをするようになったのが感じられます。

 

あとは毎回思いますが、スタミナが切れている試合終盤でもスキムは失敗どころかキレキレなのは意味不明なんですけどね。

パス系はアプデでしっかり下方修正されることは多い気はしますが、ドリブル、特にスキムに関して常識的な範囲に修正をされることがほぼない気がするのですが。

貫通問題もそうですし、ヒールリフトをされたら操作DFのカーソルが外れることもよくあるんですけど。

以前スキムの下方修正も何点かありましたが、全くそんな事は感じられないくらい相変わらずスキム5ドリブラーが無双しまくっている環境は全く変わっていない。

ドリブルを弱くしろ、とは当然言わないですが、もうちょっとゲームバランスっていうものを考慮して頂けたらなと思います。

 

違うゲーム、メーカーになりますが、最近発売されたサイバーパンク2077がバグだらけでまともに進行できない事が多いという理由でディスク版・DL版に関わらず希望者全員に返金対応するそうです。

金返せ、とはさすがに言わないですが、全く当たらない高額ガチャ(パック開封)で搾取しまくるくらいなら、まともなバランスで遊べるように適切なアップデートをするべきだと思いますが、EAさん?

 

今回のスカッド

スカッド

基本フォメは上記画像の通りで、試合中のフォメは選手配置を変えた4-2-2-2で試合をしてましたが中盤2枚でビルドアップが苦しいこともたまにあったことから、今回は4-3-2-1メインでウィーケンを戦ってきました。

アンカーはこれまでのセルジロベルトから新戦力のフリーズ:ゴロヴィンに替え、「DFの間に落ちる」で上がらないようにケアをするとともにカウンターリスクの対策

その代わり両サイドバックをガン上げ(片方バランス、片方攻撃参加指示)で幅を取ってビルドアップとチャンスメイクをやりやすい形で攻撃的にいきました。

これでもカウンター自体はそこまで受けることもなく、どうしてもサイドで裏取られたり苦しい時は4-2-2-2に変えて裏を取られないシステムに変更して対応しました。

以前4-3-2-1、3-4-2-1を使用してどうも3トップの距離感が近いせいかやりづらさを感じていたので、今回は戦術で攻撃時の幅を「8」と広めに取ったらかなりやりやすくなりました。

元々4-3-3でウイングを中央寄りにポジションを取らせるやり方を考えていきついた結果なので、選手間の距離をある程度取りつつ、ウイングを中に絞らせる戦術をやりたい方はこの方法を試してみたらいかがかと思います。

ドリブルでゴリゴリ切り込む方は前4枚攻撃、後ろ4枚守備専、みたいな戦術に適していると思いますが、ドリブラーを効果的に使えない方(私みたいなパスメインで攻撃)はサイドバックで幅を取る、パスコース・起点を作るやり方が有効だと思います。

 

おまけ

今回も実戦で使えるかよく分からない、恒例のおまけをどうぞ。

今回はPKの話になります。

試合開始してから対戦相手のクセを掴むのは重要なことですが、無駄にスキムを連発したりとか、煽るようなプレーをする相手に出会う事はよくあることだと思います。

そういう相手にPKを与えてしまってもPKを止めやすくする方法があります。

分かっている方もたくさんおられると思いますが、キーパーを動かさないことです。

心理的に真ん中に蹴って煽ってやろうと考える事が多いと思うので、ど真ん中に蹴って来ることは経験上やはり多かったですね。

あとはPK合戦中ならリードされている時は真ん中に蹴って来る傾向(特に最終キッカーの時)はかなりあるので参考にして頂けたら。

基本的にこのゲームのPKはほぼ運と勘なので、そういった心理的要素を考慮して少しでも有利に立ち回ることが勝利を引き寄せる重要なポイントだと思います。

ただし、スキムなどで煽ってるように見えて普通に上手いだけの人も多くいるので、そこの判断を間違わないのも重要ですが・・・

 

まとめ

アプデする度に改悪していきますが、「神アプデ」はいつやってくるんでしょうかねえ・・

誰もが納得できるアプデは存在しないとは思いますが、結局はスキム5のペースゲー、と言うのはどこまで行っても変わる気がしないのが個人的には非常に残念な所ですね。

 

スカッドに関してですが、年明けにTOTYが来るだろうと予想されていてスカッド解体による影響でノーマル金カードの相場が下がっている現状、私のスカッドもこれ以上今はいじる時ではない気がするので、現状のスカッドで年明けまではウィーケンに参加していく方針です。

年明けまでにTOTWでブッ刺さる選手が引ければいいのですが、まずありえないのでそこまではレコードブレーカー軍団にがんばってもらう事になりそうです。

 

そしてついに来ましたね、無料配布ベッカム

ベッカム

ただしアイコンではなくレアルマドリー所属ですので、誰とでもケミを合わせられないのが注意点になります。

ウイイレで言うIMみたいなもの、と言うかそのまんまな気はしますが、この特殊カードを使ったイベントは今後も来そうな感じはありますね。

私のチームは半ラリーガスカッドなので、フォメ次第では入れようと思えば入れられる気はするので一度試してみたい所です。

ベッカムらしくロングパスがバンバン通るらしいので、サイドチェンジを多用する私のスタイルにも合いそうで使うのが楽しみです😄

ケミが合えばウィーケンでも使っていこうかなと思っています。

・・と、書いた後にフォメを考えましたがこんな感じになりそうですかね。

スカッド

スペイン人とラリーガで囲い込むようにしてケミは全員10になります。

そして大不評のフリーズ・ガヤをあえて入れてみて得点を量産する・・・かは分からないですが、現フォメの選手のポジション(シルバはST)のまま選手を買わずにこのスカッドが組めるので、ベッカムを使うのはこれで行くしかないのかな、という所です。

しかし問題が一つ、デウロフェウを取らないとダメなんですよね・・

目標がメンドクサすぎるので敬遠していましたが、選手自体はかなり強いらしいので、なんとか頑張って取りに行きたいと思います。

 

では今回はここまでで、次回はDR・ウィーケン報酬の結果とベッカムの使用感と組み込んだ戦術等を書いていこうかなと思います。